2017年07月29日

「にんじんの詩」というドラマが好きだった

宇津井健さんが主役で三人姉妹とそれを取り巻く人間模様だったか。
とにかくその主題曲が

 にんじんなんてなくたって この世が変わるわけじゃし

 (不明)

 それでもこの頃にんじんの 味が分かってきたようだ

 何だか 何だか 美味しいと 思い出みたいな味がする


だったかなんだったか、思い出せない。とても懐かしく口をついて出てくる「♪人参なんてなくたってこの世が変わるわけじゃなし〜♪」フレーズになんともほのかなドラマの中の宇津井健さんを思い出す。

posted by ろばさん at 16:51| Comment(0) | よもやま話

2017年07月25日

我が家には【AQUOSXX 203SH】が五台もある

我が家には203SHが五台もある。(笑´∀`)
稼働中のものが四台。キャリア利用が二台にWiFi専用利用が二台。それとYahooオークション詐欺に遭って使えないのが一台である。どうでもよい話なので、よほど興味でもなければ、次ページへ読み飛ばして欲しい。

嫁さんの「PANTONE5 107SH」の不調を聞いて、「AQUOSXX 106SH」を入手しようとYahooオークションや価格ドットcomのレビューを読み漁ったことで、「AQUOSXX 203SH」の評価レビューにたどり着いたことは「ようやく機種変更したが・・・」というページで紹介した。

203sh20150829.jpgまずは一台目。2015年8月 203SHのレッドを落札 送料手数料ともで、六千円ほどで入手した。ところが「SIMは使用せずWiFi接続利用していた」という記述を信用して購入したのにもかかわらず、WiFi接続不良の上にクイックボタンまでも不良だったことで、「個人売買は詐欺師にご用心」と思うに至った。詐欺は悪。Yahooも手数料取っている訳だから、詐欺の片棒担ぎしているようなもんだ。最低である。詳細は「不良品をつかまされて」に書いたので興味があったらどうぞ。

二台目。ヤフオク詐欺に遭ってもまだ性懲りもなく月末に「203SH」のブラックをYahooオークション・ショップで落札。送料手数料ともで六千円ほどで入手。同時に専用卓上ホルダーをヨドバシドットコムで購入した。先のレッドの不良対策をグルっていて「MicroUSBに直接差して充電すると、すぐ横にあるクイックキーが不良になったりマイクが使えなくなったりする」というので卓上ホルダーは必須なのです。本機入手ついでに購入した。実験的に機種変してみてどういう具合か下調べしようと考えた。良ければ、自分もこのまま使えばいい訳だから。バッテリーの保ちは通常使用で丸二日は持つ。充電は一日置きでいけそう。アプリの操作具合は至極軽快で心地よい。パネルの感触もけっこうヌルヌル感があって感度が良い。このまま使い続けても良いが、まだ「101F」が使えるのにもったいない。どうしようかと迷っていた。ところが、画面左上部に空気が入っていたので、元々スマホに至って画面にシールを貼って利用したことがなかったので、「いらないなっ」と剥がしたところ、がぁーん!!!本体パネルを剥がしてしまった!!!!と、慌てて元に戻すも見るも無惨なパネルはがし跡が・・・。
やってしまった。自己責任だ。ショックで頭が真っ白だ。表面にこすれ傷が多かったのも判断を誤らせた。仕方ない罰として当分これを使うことにする。その間、「203SH」を色々研究してみることにしよう。嫁さんの「107SH」はシステムアプリのアップロードの削除や整理、無効化によってかなり改善したみたい。メモリがあると自動終了もしなくなったみたいである。ひとまず小康状態なので、ゆっくりと研究観察してみることにした。半年ほど使ってみて「203SH」に特筆することはないが、バッテリーの保ちが良いのにはさすがIGZOだと思った。それでも見づらい画面をやめて「101F」が恋しくなってもどってしまった。結局「無残パネ203SH」はGoogle Map Navi専用でキャリアのバッテリー温存に一役買って貰うことにした。それでも半年くらいは使って「203SH」は良いことが判った。なんといってもバッテリーの保ちが良いのだ。待ち受けだけなら4日くらいは十分持ちそうです。ゲームやらLINEのトークやらウェブ検索やら、色々動かしていても2日くらいは持ちそう。

「無残パネ203SH」は移動中のGoogle Map Navi専用に使っていた。
専用ナビゲーターのあるドライブライフは確かに便利だ。不思議と空いている道を憶えることになった。以前、なんとなく急がば回れで利用していた道がやはり遅くて、混雑を嫌って避けていた道から脇道を使うように進められスムーズになった。ある時、兵庫県の大屋から明石に帰る時も、姫路バイパス加古川バイパスが混んでいることで、山陽自動車道と国道2号線の間をナビゲートして、速度30キロの村道や脇道を抜けてストレスなく三木から明石に抜けた。地元の人でもよっぽど使わないようなルートをGoogle Mapはナビゲートしてくれた。

話はそれたが、そうして約2年機種変更の話はなかった訳ですが、今年の2月、私の「101F」が勝手に再起動をするようになった。何度か繰り返して強制終了したまま落ちた。極めつけは母親と通話中に落ちたことだ。慌てて固定電話でかけ直した。家族通話は無料なのに、わざわざ固定電話をかけるとは・・・。それどころか、何をどうしても直らない。強制的にバッテリーを外して、時間を置いてセットしても少しすると落ちてしまう。仕方なくGoogle Map Navi専用になっていた「無残パネ203SH」に機種変した。今回はLINEのトークのバックアップもメールや写真のバックアップレストアを「JSバックアップ」でレストアしLINEのトークもバックアップからレストアできた。それから、良品を求めてYahooオークションやら価格ドットコム、アマゾンや他のウェブ電気屋さんを検索しまくり、なかなか良い情報がなかったが、3月半ばようやくYahooオークションに新しい取引が掲載された、いくつかのリストの中から1円からオークションや2000円からスタートのものがあった。

三台目。2017年3月25日、なんと美品で卓上充電器付き+送料+手数料の合計が6,000円ほどで手に入れることが出来た。卓上ホルダー分が浮いた勘定だ。マットブラックであったが、1台目の時のレッドカバーをつけて、これは嫁さんので置いておこう。
続けて、自分のも落としたいと、連続入札をいくつか続けたが、なかなか落とせない。3月25日はラッキーだったようだ。それからというもの落札金額が6,000円を超えるものばかり、送料手数料を加算すると7,000円を超えることになる。そこまでは出せない。ちょっと諦めて時間を空けることにした。

四台目。3月末ちょこっとYahooオークションをのぞいたら、本体のみの入札で2,500円まで入札されているものがあった。その日は朝が早くてもう眠りたいと思っていたものだから、2,600円を入札したら、なんと最高入札になった。まぁあと二時間足らずは時間があるので、上回る入札が入るだろうと諦めて寝てしまった。朝目を覚まして、トイレの前にパソコンに電源を入れて、トイレから戻ると通販用メールに新着が?あれ、4月2日ブルーを落札!消費税と送料プラスでで3,500円ほどで手に入れることが出来た。今回は手数料無料の上にMicroSD64GBXC付きだ。ラッキーだった。画面傷だらけで、クイックボタン不良だったが。良い買い物だ。クイックボタンは「101F」には付いていなかった訳で、それほど欲しい機能でもない。画面上にウィジェットなりショートカットなりでスリープ・ロック出来るアプリがあるので無用である。ただ、最近使っていて判ったがマイクが時々故障する。先述したとおりMicroUSB端子を利用して充電していたのだろう。クックボタンはオークションの条件に故障とあったがマイクの不具合は書かれていなかった。そこでGoogle検索マイクをクリックして、USBジャックに爪先を突っ込んで、話しながら爪先を上にやったり下にやったり、やはりそうだ、上にやった時だけGoogle検索マイクのインジケーターが反応した。マイクは直せる事が判った。ただ、マイクがこの方法で直らなくなったら困ると思ってもう一台欲しいと思ったが、なかなか安いものが出ない。

そして「無残パネ203SH」はまたナビに逆戻りしたが、鞄やポケットに入れて持ち歩くと四隅の隙間から埃が入って、特に上部に埃が溜まると、GPSが探せなくなったり、使うことはほとんどないがカメラの照度に関係しているようだ。そこで、時々そっと無理矢理剥がしかけにしてアルコールを含ませた綿棒などで掃除するのだ。そして、密着させた後セロテープで留めておくとしばらくすると粘着力の残っているところはパネルとくっつくのです。それでも、車のなかで光の当たり具合によっては無残パネルが異様に光って画面が見づらくなってしまうのです。
それから四月に母の見守りカメラをつけてからは、ナビ専用ではなく見守りカメラの映像閲覧用にも使っています。

追伸 9月10日
夏休みも終わり、暑かった夏の余韻か体がだるい。そんな夜は誰もオークションなんかしないだろう。なんて、9月7日2,550円で落札。個人売買なので消費税はなし。送料のみ合算して3,500円ほどで入手。だが、やはり二度あることは三度ある。もう二度と個人と取引はしないと決めた。画面表示が固定すると隅がくらくなるフェードアウト現象。よく見ると一秒のタイムカウントにあわせてフェードアウトと発光を繰り返す。画面を触るまたは画面表示確定前や画像読み込み中は起きない。あくまでも画面が固定した瞬間から呼吸をするようにフェードアウト発光を繰り返す。使用状況のところにはそういうことは書かれていなかった。またやられてしまった。そんなに悪い奴はいないだろうと高をくくったのが失敗だった。やはり個人がオークションを利用するのは何かあるからなんだ。Yahooオークション出品者が個人=詐欺師ってことは忘れるな!

「フェードアウト203SH 」は、とりあえず「無残パネ203SH」の代わりにナビ&見守り用に持ち歩いています。なんせ埃入ると掃除が大変だから「無残パネ203SH」は机の上で見守り専用に使っている次第です。
ということで、我が家のスマホは「203SH」が四台活躍中です。しめて、26,700円の出費でした。
「Pantone5 107SH」「ArrowsA 101F」の二台はほぼ完休状態でこのまま復活の日はないだろうなぁ。
posted by ろばさん at 15:04| デジタルライフ

2017年07月20日

ようやく機種変更したが・・・

DSC_0173.JPG嫁さんが2013年1月にガラケーから「PANTONE5 107SH」に機種変して1年と少したった頃だったか、元々本体のメモリーが少ない上にアプリインストールが本体ストレージになっていたため、キャッシュが溜まると動きが鈍くなると云うか、メモリーが足らないというアラートが出るようになって、不調を訴え始めた。新しいアプリをインストールしようとしても「空き容量が足りません」とアラートが出て出来ません。アプリ管理でSDカードに移動して、不要なキャッシュを削除することを教えた。丸二年と一ヶ月、本体の支払いが済んで、キャリアからは猛然と機種変を促すはがきやらDMやらメールが届いていた頃。キャリアの搾取にはまらずに、丁度良い具合にアレンジしながら使い続けていたら、いつの間にか3Gスマホは直営店から消えた。その頃からか妙にGooglePlay開発者サービスというアプリのサイズが肥大化してアップデートがままならなくなってきた。2015年初夏には私が使っている101Fも時々再起動する不調が始まっていた。「そろそろ機種変考えたら」ということになった。

機種変更の条件は三つ。
@3GマイクロSIM対応機であること。→ 現在利用しているマイクロSIMを抜き差しするだけで機種変できる。4GLTE対応機にすると基本料金からランニングコストまでが4倍増する上にSIMサイズが変わると再発行手数料まで発生するので、必然的にYahooオークションや通販で3GマイクロSIM対応機を探すことになる。
A同じシャープのシステムがいい。→ シャープ製の3GマイクロSIM対応機であれば同時期のモデルしかないのでほとんど同じだろうから大丈夫でしょ。
B本体メモリーが多いこと。PANTONE5が少なかったというべきで、他の機種はメモリーは多い。

「PANTONE5 107SH」に決めた時、すでに4GLTEが全盛であったため、当初ご所望の「AQUOSXX 106SH」は直営店にはすでに取り扱いはないといわれイズミヤの販売店に行ったが、取り寄せ問い合わせ(ないかも知れない)は受けるが、回答まで二週間ほどかかるというこだった。仕方なく直営店に戻り渋々シャープの「PANTONE5 107SH」にしたのだった。それでも、女性向けの機種ではあった訳で、かなりお洒落な感じで、ヒップポケットに収まり良く、液晶を割ることもなさそうだ。それに東日本大震災で放射能汚染問題が起きたことを彷彿とさせる放射能測定機能が付いていた。

そこで「AQUOSXX 106SH」をYahooオークションや価格ドットコムのレビューで確認すると、バッテリーの異常発熱が問題になっていて、かなり高い頻度で起こるらしく、リコールじゃないのか?という書き込みさえあった。確か「107SH」に機種変更した頃にすでにそういう話しがあったなぁ。そういうのに当たるとやばかった。

DSC_0170.JPGとそこに「AQUOSXX 203SH」の話題が・・・。4GLTE対応機にラインナップされている「203SH」だが、ちょうど3Gから4GLTEへの過渡期だったこともあって、3Gにも対応しているということなのだ。SIMサイズはマイクロSIM。その上ログには、特別なAPN設定のリンクURLなどもあり、メモリーやOSバージョンも106SHに比べて良くなっているわけで。IGZO液晶画面でバッテリーの保ちも良いし、「106SH」のような異常発熱報告もない。ということで、願ってもない好条件なので「203SH」を探すことにした。

入手経緯は別ページ「うちの家には「AQUOSXX 203SH」が五台もある」に書くとして、充電ホルダー付き良品が今年の春に偶然手に入った。3/25に競り落として、4月に間に合うように電通機能確認した。その頃はまた勝手に電源が落ちるようになっていた。それでもじっくり構えてやる時間がないということで、騙し騙し使っていた。
LINEのトークやら他の設定とかをできるだけ支障なく移すにはどうすれば良いのか、下調べしておこう。私の場合はLINEのトークのバックアップは必要ないと、SIM抜き差しで機種変したのでキャリアメールは残っていない。嫁さんの場合はそれではいけないので、そのあたりのデータバックアップもしなくてはいけないのです。机の上にホルダーに収まった状態で放置されていた。
ある日ふと思った。結構美品の203SHだが難点がひとつ。カラーがマットブラックなのだ。嫁さん向けではないかも。「!」そうだ、不良品のレッドの蓋を使って・・・。これで詐欺不良品もひとつだけ役にたった。
電源を落としたまま二ヶ月が過ぎたが86%残は驚異的だ。

そのまま電源を落として、約二ヶ月が経ち、ようやく先日の連休二日目の昼下がりに突然「機種変する」といいだして、なんやかんや二時間ほどで「AQUOSXX 203SH」にSIMの抜き差しして、LINEのトークをレストアして、SNSのWiFi受信の設定を完了してGo! 難なく使用開始しました。と、ところが翌日、嫁さんが帰ってくるなり曰わく。「データ通信がONのままやったよ。OFFにしたけど・・・。」料金確認にMySoftbankへ。どーんと料金が上がっていた。WiFi受信の設定時にデータ通信をオンにしたままオフに戻すのを忘れていた。今朝家を出てからお昼に気がついてオフにするまで、勝手にデータ通信していたのだ。通信していたアプリを確認したところChromeがほとんど。アプリを完全に終了していなかったため、Yahoo Newsの広告がリロードを繰り返していたんだろう。午前中はまったくスマホ触っていなかったらしいがバックグラウンドで通信していたということになる。

ようやく機種変更したら・・・、何も利用していないデータ通信に1,800円もかかってしまった。大失敗!大失態!

posted by ろばさん at 00:00| デジタルライフ