2018年06月04日

なかなかやね、Priori3。

ftj152aSC20180530.pngキャッシュクリーナーをインストールして正解
 Google関連のアプリのアップデートで容量不足アラートが出た。特に不要なアプリがないので削除したくない。どうしたものかとグルった。「Google関連のプレインストアプリはアンインストールしてから再度更新する」とあったので、アンインストールして、初期状態に戻して更新するという具合だ。
 しかしそれでも容量不足アラートが頻繁にでるようになったので、仕方なくゲームアプリやら余り使わないツールアプリなどをアンインストールした。最後には通話アプリSMARTalkまで削除した。通話が出来なければスマートフォンとは言えないし、まるで素うどん状態。それでもまたしばらくすると不要アプリの削除を要求してくるため、「不要なアプリデータやキャッシュを削除する方法」を設定のアプリからひとつひとつ削除していたが面倒臭くなって「キャッシュクリア」出来るアプリを検索。「キャッシュクリーナー」が評判がよろしいようで、インストールしたところ、空き容量が 0.4GB → 2GB になった。スゴイの一言だ。これで容量不足アラートから解放されて、自動アップデートのお知らせだけになった。
 そうそう、こんなにメモリーが空いてんだったらSMARTalkや便利ツールアプリを再インストして、まだ余っているので、NFC機能がないスマホには楽天Payやらポイントアプリやらが便利。さすがにゲームは再インストールしなかったが、スマホらしくなった。
 ただ、ひとつだけ難がある。広告がめたらやたら多いのと他の作業の邪魔をするポップアップが出てくること。仕方なくアンインストールすることにした。現在、内部ストレージの空き容量は 1.88GB/4.55GB 。また空き容量が不足した折にインストールしてお世話になろうかと思います。
 二世代前のスマホ「Freetel Priori3」なんですがSIMカードのサービスは楽天に身売り。ただフリーテルとの契約プランのまま継続使用できるようなので、ランニングコストは高速データ通信1GB未満218円/月額(キャンペーン料金、8月からは541円/月額)。高速通信を使用しなければDL200kbpsデータ通信が容量制限無しで追加料金無しの325円/月額になる。
 SMARTalkの通話品質はお世辞にも良いとは言えないが、携帯電話としての役割はなんとか保持しつつ、スマートフォンの便利さは享受できているわけで、サブ機がいつかメーンになる日も来るや知れん。ただその時までバッテリーが生きていて欲しいと切に願っている。

posted by ろばさん at 07:35| デジタルライフ