2018年09月03日

http://からhttps://へ

サーバー管理のご案内が来た。ブラウザーの次回アップデートでhttp://のサイトにはアラートが出るようになると。サイトコンテンツの拡張子を「.html」から「.shtml」にしろということなのですが。「s」とはsecurityの頭文字の「s」です。信頼ある機関の発行するコードを入手して、サイトコンテンツをhttpsに対応するものに変更する必要があるということなんです。
ですが信頼度の高い機関ほど利用料は高価で、安価なものでも年間2千円弱。現在利用しているサーバーの料金、年間1500円よりも高いのです。
とくに頻繁にアクセスを要求しているサイトでもないし。かといって裏の組織がある訳でもないのでカモフラージュは不要だし、了解している御仁はこのサイトは安全だと閲覧してくれるだろうし、ビジターが不安がってリンク先を消しても構わないし、そういう理由で特に対応は取らないつもりなのです。いまもし万が一このサイトに間違って覗いている人がいたとしても、再来不要なのでご高覧ありがとうございました。
40-1.jpg

続きを読む
posted by ろばさん at 13:25| デジタルライフ