2019年03月20日

してやられました

1,480円のインターネット接続料金がいつの間にか3,900円に。
課金開始直前にキャッシュバックの申請方法が書かれた書類が重要書類と一緒に届いて、二年後にキャッシュバックするという。
23ヶ月後の1日から末日にアクセスしpdfをダウンロードして郵送にて申請するのだ。
但し書きに、その前後にアクセスされますと無効になりますとある。なので待ちました。
しかし、この書類には金額も書いてなければ、重要事項説明書といいながらインターネットの課金のことは書いてありません。オプションの説明がありますが、契約ありません、と印字されているだけでした。

どうも、バリューコースと通常コースの切り替えを電話でこちらに伝えたということで、こちらのミスで接続料金が通常コースのバカ高になってしまったというのだ。

電話基本料金は1500円から1800円に、メタルに変更工事に10000円。最悪の出費になってしまいました。
YahooBB ADSL12Mタイプ。

そもそも1480円キャンペーンにのっかるつもりだったのに失敗したはなしです。
でも1480円キャンペーンのバナーをクリックしているのに、料金が変わるとは
してやられました。その差額はどこへいったの?もしかして孫さんの懐に?
まぁSoftbankさんにはお世話になっているので、貢がされた訳です。

なので、今回フレッツに乗り換えます。今後、してやられたYahooには悪い宣伝をさせていただきます。巧く欺された阿呆な顛末をいろいろと人に注意します。

以前にも書きましたが、市外通話が安くなるオプションを1000円プラスした月額基本料金2500円を何年間も80になろうか母が支払わされていました。すぐに電話で解約を申し込みましたが、その損害はそのままです。消費者が訴訟なんて出来ません。クレーマーじゃないんで、どっちかっていうとSoftbankのほうが消費者に対してクレーマーです。話の内容は録音してあり、確認しました。お母様が電話口で「ハイ」と了承されました。現に何年間も基本料金だけで市外通話の割引サービスを1円も受けていないことは分かりそうなものなのに、税金と同じ、払ったものは返しません。しかるべき面倒な手続きを経て審査の後に返却の理由が正当であれば返します。
年に数回しか、それも隣県の岡山に数分程度の電話しかしないにもかかわらず。この使わない市外通話オプション料金もアメリカの電話会社買収の資金に回っているんでしょうね。

結局、ユーザー本意では無く、いかに遵法に法律の不備をうまくついて欺すか、ややこしい契約や電話で言っただけで、ハイ成立!。って話ですよね。

常日頃、消費者は賢くならなければいけない。いろんな遵法詐欺商法に欺されると言うことです。オレオレ詐欺アポ電詐欺より金額は多くなるんじゃないですか。電話会社の詐欺は個々の金額は小さいけれ欺されてる人の数がスゴイと思うんで。

皆さんはお気をつけください。
posted by ろばさん at 23:37| よもやま話